準備風景 - ソフトバレーボール - トモダチスイッチ
いよいよ本番。
ちなみに、今回の友好祭のテーマは「ちょっとの勇気≦(一生の宝モノ黒ハート黒ハートというものだったのですが、これは一体どうやって読むのでしょう。




看板。


新入生たちがやってきました。若いです。


まるで何かの装飾であるかのような布テープですが、


これは湖風祭実行委員会が開催する春イベントではお馴染みの光景で、
布テープにマジックで名前とか学部とかを書いて名札代わりにしようというものなのです。
早く大量に作れるし、服に貼り付けるので邪魔にならないし、安いし、いいことづくしです。


司会の2人。
向かって右の男のマヌケな格好はわざとなのか…?


体を動かす前に、まずはみんなでラジオ体操第一をやります。
ゆずのライブみたいです。


楽しくも白熱し、真剣な中にも笑いが飛び交う試合が多数展開されました。


今回は、1チーム5〜6人ほどで編成されていて全部で約20チーム。
さすがに全チーム一度には対戦できないので、試合のないチームは外で休憩してます。
大学のキャンパスとは思えないようなのどかさです。


朝からせっせと準備していた食事が無料でふるまわれています。


メニューはこんな感じ。しっかりカロリーも記載されています。
豚汁と思っていたものは、実は「豚(入ってない)汁(「とんはいってないじる」と読むのか?)」だったようです…。


新入生たち。


新入生…と思いきや、この春晴れて大学院に進学した実行委員のOBたちでした。
まぁある意味新入生ですが。


そうこうしているうちに全試合が終了し、表彰式が行われました。


入り口に立てかけていた看板は、メッセージボードとしての役割も果たしていました。
今日の感想などがたくさん書かれていました。


最後に集合写真をパチリ。
この後は立食パーティーの「トモダチスイッチ」です。
続きをみる


メッセージを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

メッセージ: [必須]

認証コード:[必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのメッセージは投稿できません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。