名古屋女子大学 第60回名女大祭「Present」
2010年10月9,10日(土日)
※天白学舎は9日のみ
名古屋女子大学
・汐路学舎(名古屋市瑞穂区) 地図
・天白学舎(名古屋市天白区) 地図
※汐路学舎に駐車場はありません。クルマで行く場合、大学周辺にいくつかあるコインパーキングを利用するのがよいかと思います。
(天白学舎は行ったことがないので分かりません…)
縁あって、湖風祭実行委員会も毎年足を運んでいる、名古屋女子大学の学園祭「名女大祭」。
名古屋エリアの学園祭で広く行われている後夜ダンス(※1)や火舞(※2)の他、服飾を学んでいる学生たちによるファッションショーは必見。
(いずれも汐路学舎にて10日(日)に開催される企画です)

※1:後夜ダンス…邦楽に実行委員が考案したオリジナルの振りをつけて、ステージと客席が一体となって踊るダンス。近年流行したお笑いのポーズが取り入れられることが多い。
※2:火舞…ファイヤートーチを両手に持った複数人の演者が披露する演舞。ステージの照明がすべて消えた状態で、ガチで泣けるバラードがBGMに使われることが多く、けっこう感動する。


今回は、後夜祭のトリを飾る音楽花火を紹介したいと思います。
なんと、一挙に過去6年分の動画をアップしました。



まずは前半の3年。
客席後ろから、広角レンズを装着した固定カメラで撮影しています。


2004年度 スターゲイザー/スピッツ
この頃はまさに「あいのり」全盛期でしたっけ。


2005年度 涙がキラリ☆/スピッツ
個人的に一番好きなのがコレ。
2サビ後半〜3サビの屋上から打ち揚がる花火はグッときます。


2006年度 魔法のコトバ/スピッツ
まさかの3年連続スピッツ。好きだったんだろうなぁ。


続いて後半の3年。
ここからは手持ちカメラで客席からの撮影に変わります。


2007年度 When You Wish upon a Star(星に願いを)/'N Sync
方向性が変わり、しっとりとした選曲に。
ラストだけは花火が派手なことになっています。


2008年度 Voyage/浜崎あゆみ
前年度の落ち着いた花火と、それ以前のパワフルな花火が共存。


2009年度 夢よアリガトウ/原由子
選曲も花火の演出も、今までとは違う新たな方向性を見せています。



もちろん今年も音楽花火は開催されます。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
ちなみに、過去6年間の降水確率は0%です。が、今年の天気予報は何やら不穏な雰囲気が…?


メッセージを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

メッセージ: [必須]

認証コード:[必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのメッセージは投稿できません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。