8/1(金)に、鳥人間コンテストが終わったばかりの松原水泳場にて「2008彦根大花火大会」が開催されました。
初代湖風祭実行委員でもあり、第10回第11回湖風夏祭エンディングで花火を揚げた花火師の方も関わっているこの花火大会。通常、花火は真上に打ち揚がるものですが、ここでは琵琶湖に浮かべた台船上から打ち揚げるため、真上から水面スレスレまで、180度の扇状にダイナミックに広がるという琵琶湖ならではの演出となっています。
僕は台船から最も近い真っ正面で観ていたため、視野に収まりきらない、まさに視界一面花火という素敵な光景を目の当たりにすることができました。

スターマイン「満天の星絵巻」
デジカメの画角に全然入りきっていません。


メッセージを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

メッセージ: [必須]

認証コード:[必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのメッセージは投稿できません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。