第16回湖風祭が無事終了しました」

とか、

「岐経祭2010で出店した模擬店は上手くいきました」

といった記事すらまだ書いていないんですが(ゴメンナサイ)、ちょっと後回しにして、今日は、

「最後の全体会」

というイベントについての紹介を。

湖風祭実行委員会では、毎週月曜の夜(夏休み期間などは昼イチ)に、全員が集まって報告や話し合いをする「全体会」を開催しています。
湖風祭が終了しても、次年度の春イベント(新入生を歓迎する一連のイベント)や湖風祭の大枠をテーマとして、オフシーズンと言えども行われるのです。

その中で、一つの区切りとして、12月上旬に「最後の全体会」と呼ばれる特別な全体会が開催されます。

名目上は、

「その年の3回生が引退をして、実行委員会の主導権を次期3回生に委譲する」

ということなのでしょうが、その実態は、

1・2回生から3回生に対して「お疲れさまでした!」、
3回生から1・2回生に対して「ありがとう!」という思いを込めて
プレゼントを贈呈しあうセレモニー


なのです。

プレゼント自体は、湖風祭終了の翌日に開催される打ち上げで既に受け渡しがなされているのですが、時期が時期だけに準備する時間がなさすぎるのですね。
それとは別に、もっと時間をかけて素敵なプレゼントを作りたい!というワケで、いつの頃からか、最後の全体会というイベントがはじまったようです。

世界に一つしかない手作りの品から、スライドショーやビデオレターといった映像作品まで、プレゼントの種類は多岐に渡るのですが、聞いた話によると、今年は「プレゼント制作に集中するため、岐経祭に行くのを断念した」という現役が多数いたくらい手間暇がかかっているそうです。

2010年度の最後の全体会は12月6日(月)。
果たして、何が飛び出すのか、蚊帳の外ながら楽しみです。

なお、打ち上げでのプレゼント、最後の全体会でのプレゼントの他に、各部署ごとに開催される「部署打ち上げ」でも、その部署の色が強く反映された個性的なプレゼントが用意されるということで、なんかもうスゴイことになっています。

2010年末から2011年始にかけて、生協の営業日および営業時間が変更になるようです。
表にまとめましたので参考にどうぞ。


赤地の日付は通常講義がない日です。
※1/17(月)以降は通常の営業時間です。

第16回湖風祭(2010年11月)で行われたミスコン内のクイズにおいて出題された、

「主に弁当で使われる、草を模した仕切りの名称は?」

という趣旨の問題。

僕の知識では「バラン」だったんだけど、出題者が用意していた答えは「バレン」
そんなバカな、と思ってネットで調べてみたんだけど、個人ブログなどで「バレン」と呼ぶケースもあったものの、ほぼ全ての情報は「バラン」で統一されていました。
(ちなみに、バレンとは、版画で、絵の具を塗った木にあてがった紙をこする道具の名前でもある)
この場合、バランを正解にする、もしくはバラン・バレン両方を正解にするのがスマートなのではないかと思います。

このようなことになった原因はおそらく、問題作成時に裏取り(想定した答えが正しいかどうかを検証すること)をしなかったためなのではないかと。
クイズの答えが間違っていた、というのは大変カッチョ悪いので、たとえ頭の中にある記憶に自信があったとしても、本やネットなどで裏付けをとるとよいと思います。

と言うのも、僕も過去に裏取りが甘かったせいで誤った答えを用意してしまったことがあったのですね。

第7回湖風夏祭(2004年6月)で行われたクイズ企画「○×甲子園」において僕が作成した、

「広末涼子、篠原涼子、米倉涼子。3人とも本名である」

という問題。
この時、用意していた答えは○だったんだけど、2004年6月の時点では、広末涼子はモデルの岡沢高宏と結婚していたため、本名は「岡沢涼子」だったのである。
時代の移ろいにあわせて正解が変わってくる問題というのもあるのです。
(この記事を書いている時点で、広末涼子、篠原涼子の本名は「井筒」「市村」である)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。