世間では、ヱヴァンゲリヲン新劇場版が公開されて話題となっていますが、湖風祭実行委員会でもエヴァが密かなブームとなっているようです。
TVシリーズがはじめて放送されたのは1995年のこと。今の現役のみんなは当時小学校1〜3年生だった計算になるので、おそらくリアルタイムでは観ていなかった、もしくは観ていたとしても理解はできていなかったんじゃないかと思います。

カル3には、誰が持ってきたか分からない単行本(なぜか8〜11巻のみ)があって、僕がカル3に足を運ぶ度に誰かが読んでいます。

そんな中、今日、1通のML(メーリングリスト)が流れました。内容を一部引用すると、
「今日の21時頃から「新世紀エヴァンゲリオン」鑑賞会します☆★
今回はアニメ全26話を見ようと思ってますo(^o^)o今話題のエヴァを見て流行にのっちゃいましょ(^皿^)」

とのこと。
1話あたり30分としても半日かかる計算ですが、果たして睡魔に負けることなく、見事全話制覇できるのでしょうか…?
そんなチャレンジをしようとするあたりが若いです。

ところで、湖風祭とエヴァンゲリオンにはまだいくつか接点がありまして、無類のエヴァ好きだった第9回湖風祭実行委員長のアパートには綾波レイがいたり、第9回湖風祭エンディングでは劇場版の名曲「Komm,susser Tod(甘き死よ、来たれ)」が使用されたりしていました。また、1996年に開催された第2回湖風祭では、ポスターやパンフレットがモロに影響を受けてます。
今年開催される第13回湖風祭ではどうなるのでしょうか。少し気になるところではあります。


第9回湖風祭実行委員長のアパートにいた綾波レイ。
数年後、この部屋が2次元ではないホンモノの彼女との愛の巣になろうとは
この時は誰も予想できなかったのであります。


第2回湖風祭ポスター。
エヴァに関する小ネタが随所に書かれています。


同じく、第2回湖風祭パンフレット。
2回目だから「セカンド・インパクト」なのでしょう多分。



ネタ元はこちら(県大ホームページ)

憧れ(?)の県大職員になれる千載一遇のチャンスです。
受験資格は満たしているようなので、受験してみようかな…。

採用されたら、湖風祭の顧問にしてください。

去る8/25・26(土日)に県大で開催された荒神山ロックフェス2007の写真や動画をいただいたのですが、エンディング(だと思う)の選曲が個人的に好きだったので動画を掲載しました。

動画を再生 (0:46 885KB)

エンディングの選曲と言えば、先日カル3にお邪魔した際、委員長が第13回湖風祭エンディングの選曲で悩んでいました。「ローラースケート履いて「パラダイス銀河(光GENJI)」とかいいんじゃないですかー?」という勝手な意見があったりもしましたが、それはそれでちょっと観てみたいです。

湖風祭メールマガジン「コフマガ」にインスパイアされた、というワケではないとは思いますが、県大のメールマガジンが10月に創刊されるそうです
言うまでもなくタダみたいですので、登録してみてはいかがでしょうか。
まぁ、これに登録すると否応なしにまぐまぐのオフィシャルメールマガジンにも登録されてしまうのは厄介ですが。

登録・解除は滋賀県立大学ホームページにて行えます

毎年恒例となっている湖風祭の夏合宿が、今年度は9月最終週に予定されています。夏休み最後の思い出づくりの場となるようです。
今回の行き先は石川県、そして参加人数はおそらく湖風祭の合宿史上最多となるであろう75人!
十数台のクルマに分乗して移動する関係上、大所帯だと何かと大変なため、ここ数年は2つのルートに分かれて宿泊地で合流するというプランニングがされていますが、今年度は2ルートでも収集がつかないため、とうとう3ルートに分かれるそうです。幹事の方々は頭を悩ませていることでしょう。
そんなこんなで、気になるのが天気。あろうことか、今年度の幹事の一人(♀)は、自身の修学旅行などにおいてことごとく雨を降らせてきたエピソードを持つ雨女。果たして夏合宿の天気はどうなるのでしょうか…?
参考までに、金沢の天気予報を掲載します。刻々と変化する天気予報を見て一喜一憂しましょう。


第13回湖風祭の特設ページでも書きましたが、第13回湖風祭までいよいよあと50日となりました。
ついこの間まで100日もあったハズなのですが、早いものです。
実行委員のみんなには、悔いの残らぬよう頑張ってもらいたいものです。

ちなみに、今から1年前には何をしていたかというと、2006/9/18にびわ湖学生Festivalが開催されていたのですね。懐かしいです。


スタッフとして活躍していた湖風祭実行委員の仲間たち。
ちなみに、この写真を撮った時、写真向かって右側の
3人の女の子が誰なのか、僕は知りませんでした。

いよいよ来週に迫った夏合宿(よくよく考えたらもう秋じゃん!)ですが、誰がどの車に乗るか(「車割り」)、および各車の助手席に乗る人(「ジョッシュ」)が決定したそうです。
湖風祭の夏合宿において、同乗者およびジョッシュが誰なのかということは、道中のノリやテンションに大きな影響を及ぼす大変重要な要素であり、また、ジョッシュは電話対応やナビゲーション、音楽の選曲などを担当する、これもまた重要なポストなのですね。地図が読めなかったり自分本位の選曲をしたり、あげくに居眠りするようなジョッシュだと楽しい旅も大無しになってしまいます(「湖風ジョッシュ度チェック」なるモノをかつて掲載したことがありました。参考までに)。
ちなみに、車割りの発表はまだされないそうで、おそらく前日か当日の朝に発表されるものと思われます。また、ジョッシュになった人は、自分がジョッシュであることは知らされるのですが、誰のジョッシュになるのかは教えてもらえないそうで。
まぁ、当日までドキドキしておきましょう。

ところで、幹事曰く、「すべてくじ引きで決めた」とのことですが、いい感じの男と女を同じ車にするとか、そういう作為的な操作があってもいいと思うのですがいかがでしょう。

夏合宿直前ということで、2年前、僕が参加させていただいた際の夏合宿の2日目宿泊地の写真を追加しました。
当時1回生だったみんながもう3回生ということで、時の流れは早いものです。そして、当時の写真を見ると何だか若い。

夏合宿2005 四国編をみる

何だか、夢のような3日間でした。

幹事をはじめ、参加したすべての実行委員と、行く先々で出会ったすべての方々に感謝感謝です。
ありがとうございました。

取り急ぎ、ご報告まで。
合宿の様子は今後の更新にて。


集合写真?
能登半島にある「世界一長いベンチ」にて。

夏合宿の写真や動画を掲載していく予定のページだけ作成しました。
今日(9/30)現在、ルート紹介のみです。
最後まで更新できたら奇跡です。

http://excursion07.kofoofan.com/
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。